e-style

HOME» e-style »e-style

e-style

e-style

           
         
 
 
 

『e-style』
周辺の環境(environment)を考え、
地球(earth)に優しく
経済的(economic)な
生活スタイルを提案。

夏の照りつける太陽、冬のあたたかい日差し。
季節によって変わる日射を心地よいものに変えて暮らす。遮る光と、取り入れる光を選ぶことで、いままで見えなかった家づくりが見えてくる。
暮らしとデザインが両立するとき、日本の気候風土に適した高性能な家づくりが見えてくる。

 
 
 

 
 


四季の変化を感じる住まい。大地のめぐみを授かり、時には自然のエネルギーを利用させてもらう。
家族とともに感じる身体にやさしい住まい。
地球の風や日差しを浴び、快適さや健康に配慮しながらおくる新たな生活のはじまりです。

 
冬の日中は、できればエアコンの暖房より陽だまりの暖かさで暮らしたい。さわやかに晴れた日は、家の中を通り抜ける心地よい風があってほしい。そんな自然にある快適さを温熱環境づくりや照明の替わりに利用するのがパッシブハウスです。
エネルギーを使わない家とは、「自然のエネルギーを上手に活かす家」ということです。さんさんと降り注ぐ太陽、気持ちよく通り抜ける風、昼間の暖かさ、夜の涼しさ。この自然の恵みを活かすことで、エアコンやファンヒーターの利用が最小限ですみます。

 
部屋間の温度差が大きいと、血圧の急激な変動により家庭内事故が起こりがちです。また、ヒートショックで死亡する率は交通事故よりも多いというのが現状です。

そういったことが無いように、素材はもちろん、家全体の温度をある程度均一に保つように設計デザインをすることで、健康な家をつくることが可能になります。

さらに窓際の結露も防ぎ、カビの発生やダニの繁殖が抑えられ、クリーンな室内環境が得られます。
発電所では、家庭で使う電力の2.7倍の電気を作らなければなりません、電気が運ばれてくるまでの間に放電してロスしてしまっているからです。どんなに最新の(省エネ)エアコンであっても、使えば必ずエネルギーロスが生じます。本当の省エネとは、「エネルギーをできるだけ使わない暮らしをすること」なのです。

家そのものが省エネになるので、高価な冷暖房器具はいりませんし、お住まいになってからランニングコストも大きく減ります。

 
     


「建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその手法。」
※一般社団法人 パッシブデザイン協議会「パッシブデザイン講義」参照






 
断熱化をはかり、自然室温を維持して適時適温を実現します。
夏季夜間や中間期に外気を取り入れ室内を涼しく保ちます。
夏季や中間期に室内に侵入する日射を遮り、涼しく保ちます。
昼間の明るさを室内に取り入れ、人工照明利用を減らします。
冬季において主に開口部から日射熱を取得し蓄熱して、夜間に利用します。
         
機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、建物そのものが快適性を生み出します。自然の光や風を上手に活用し、室内を冬は暖かく、夏は涼しくするため、電気屋ガスなどへ依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。
身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる意味もあります。自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏であれば夜間に行い、その前後の季節であれば日中も夜間も行うことが有効となります。
「夏涼しく」を実現するために、何より重要なのが日射遮蔽です。とくに、窓から入る日射を最大限に少なくすることがポイントです。このことにより冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。
昼間に、太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくすることを目的とします。居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計し、1階南面から採光が難しい場合には、吹き向けなどのプランなども計画します。
冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において、窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えられれば、室内変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。




e-styleでは、7つのプログラムを導入しシュミレーションをしながら進めるので安心です。
 
  外皮性能計算
夏の日射遮蔽性能、冬の断熱性能がきちんとわかります。
     
  光熱費計算
平成25年度基準のWEBプログラムの結果を入力して光熱費を計算します。
     
  室温シミュレーター
外気温と建物内における1日の室温変化がわかります。
     
  暖冷房能力設定
その部屋に適切な暖冷房設備をご提案できます。
     
  結露判定
躯体内部と窓ガラスの結露判定が簡単にできます。
     
  熱容量計算
省エネ基準に適合しているか判定でき、熱容量と室温の関係がわかります
     
  パッシブシミュレーター
省エネリフォームをお考えの方にも最適。評価したいエリア(部屋)を設定し、様々な仕様や暖冷房設備を入力することで、そのエリアにおける年間暖冷房負荷、年間一次エネルギー消費量、年間光熱費、室温変化グラフ(エリア及びエリア外)が示されます。
 
   
  <パッシブハウスの特徴>
躯体の形状と設計の工夫 | 熱を蓄積する設計手法 | ルーバー採用 | RCの壁一部採用 | 全熱交換換気システム | 省エネルギー基準4を標準 |
 
   
     
     


ウッドプランは、兵庫県豊岡市・朝来市・養父市を中心にデザイン性の高い新築ブランド「オリジナル家具付きデザイン住宅(注文住宅)」をご提案しています。ウッドプランの「強み」は、完全自由設計・オリジナル家具付きでありながら価格を抑えた新築注文住宅を実現できること。デザイン性の高い理想の新築を建てようと思うと、どうしても費用が高くなってしまう…。そんなご経験をされた方、また他の工務店では諦めざるを得なかったことでも、一度ウッドプランにご相談ください。あなたの理想のデザイン性の高い新築デザイン住宅をカタチにできるのも夢ではありません。新築・リフォームは豊岡市のウッドプランへお任せ下さい。

 

e-style