be▶︎plus

HOME» be▶︎plus »be▶︎plus

be▶︎plus

be▶︎plus

           
     
 
 
 
 

『be▶︎plus』
周辺の環境を考え、
地球に優しく
経済的な
生活スタイルを提案。

夏の照りつける太陽、冬のあたたかい日差し。
季節によって変わる日射を心地よいものに変えて暮らす。遮る光と、取り入れる光を選ぶことで、いままで見えなかった家づくりが見えてくる。
暮らしとデザインが両立するとき、日本の気候風土に適した高性能な家づくりが見えてくる。

 
 
 

 
 
 
 
be▶︎plus(ビープラス)は、機能性、デザイン性、性能のバランスが良いお家です。パッシブデザインと、シミュレーションを行い、快適な生活空間をご提案します。
 
 
眺望を活かしたプランです。
お気に入りの景色など一方向に広がりを持たせてのびやかに住まう住宅です。
庭を囲うことでコートハウスとしても機能します。

 
 
 
中庭を作ることで、プライバシーを守りながらも光と風を取り込みます。
フリースペースとLDKの間をデッキでつなげることで、屋外空間を一体的に取り込むことができます。

 
 
 
2方向に広がりを持たせたプランです。
塀やルーバーで囲うことで、プライバシーを確保したコートハウスとして機能します。
中庭でBBQなども楽しめます。

 

 



「建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその手法。」
※一般社団法人 パッシブデザイン協議会「パッシブデザイン講義」参照






 
断熱化をはかり、自然室温を維持して適時適温を実現します。
夏季夜間や中間期に外気を取り入れ室内を涼しく保ちます。
夏季や中間期に室内に侵入する日射を遮り、涼しく保ちます。
昼間の明るさを室内に取り入れ、人工照明利用を減らします。
冬季において主に開口部から日射熱を取得し蓄熱して、夜間に利用します。
         
機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、建物そのものが快適性を生み出します。自然の光や風を上手に活用し、室内を冬は暖かく、夏は涼しくするため、電気やガスなどへ依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。
身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる意味もあります。自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏であれば夜間に行い、その前後の季節であれば日中も夜間も行うことが有効となります。
「夏涼しく」を実現するために、何より重要なのが日射遮蔽です。とくに、窓から入る日射を最大限に少なくすることがポイントです。このことにより冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。
昼間に、太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくすることを目的とします。居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計し、1階南面から採光が難しい場合には、吹き抜けなどのプランなども計画します。
冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において、窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えられれば、室内変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。




be▶︎plusでは、7つのプログラムを導入しシミュレーションをしながら進めるので安心です。
 
  外皮性能計算
夏の日射遮蔽性能、冬の断熱性能がきちんとわかります。
     
  光熱費計算
平成25年度基準のWEBプログラムの結果を入力して光熱費を計算します。
     
  室温シミュレーター
外気温と建物内における1日の室温変化がわかります。
     
  暖冷房能力設定
その部屋に適切な暖冷房設備をご提案できます。
     
  結露判定
躯体内部と窓ガラスの結露判定が簡単にできます。
     
  熱容量計算
省エネ基準に適合しているか判定でき、熱容量と室温の関係がわかります
     
  パッシブシミュレーター
省エネリフォームをお考えの方にも最適。評価したいエリア(部屋)を設定し、様々な仕様や暖冷房設備を入力することで、そのエリアにおける年間暖冷房負荷、年間一次エネルギー消費量、年間光熱費、室温変化グラフ(エリア及びエリア外)が示されます。
 
   
  <パッシブハウスの特徴>
躯体の形状と設計の工夫 | 熱を蓄積する設計手法 | ルーバー採用 | RCの壁一部採用 | 全熱交換換気システム | 省エネルギー基準4を標準 |